Android SDKの導入方法(Windowsのみ)


Androidでなにかやるときに必要となってくることが多い、Android SDKの導入方法をわかりやすくご紹介したいと思います。

Android SDKを入れると何が出来るかというと

  • 各種いたずらをするのに必須w
  • もちろん、Androidアプリの開発に使うことが出来る。(Eclipseで使う場合はADTプラグインをインストールすると便利)
  • Android端末のスクリーンショットを取ることが出来る。
  • Android端末エミュレーターで遊ぶことが出来る。
    XperiaプラットフォームをSony EricssonからダウンロードしてくるとXperiaのエミュレータが完成!

ここで解説をするのはAndroidのPathの通し方だけです。Androidアプリ開発を目的とされた導入方法は配布元に書かれています。

※注意:一部の操作を誤るとソフトウェアやOSの動作に影響を与える可能性があります。充分気をつけて操作してください。もちろん、誤って操作した場合において当方は一切の責任を負いません。すべて自己責任にてお願いします。

0.Java Development Kit(JDK)のダウンロードとインストール

http://www.oracle.com/technetwork/java/javase/downloads/index.html

ここからJDKをダウンロードしてインストールをしてください。

1.Android SDKのダウンロードと解凍

Android SDK配布サイト http://developer.android.com/sdk/index.html
からAndroid SDKをダウンロードします。今回はWindowsなのでWindowsのパッケージをダウンロード。

ダウンロードしてきたファイルは(出来ればCドライブ直下)日本語を含まないディレクトリに解凍してください。Windowsのログイン名を日本語(なむわんのPC とか?w)にしている人は要注意です。また、マイドキュメントなどのユーザディレクトリにSDKのフォルダを置かないでください。
例:
C:\Android-SDK\ →○
C:\Users\なむわん\Android-SDK\ →×

2.PATHの設定

次にWindowsで使えるようにPATHの設定をします。PATHとは、プログラムの所在を事前に設定するといえばいいのでしょうか。今日、私たちはGUIでマウスでクリックすれば、プログラムを起動することが出来ます。しかし、マウスが無いときにプログラムを起動するときには手動でプログラムの所在(アドレス)を指定する必要がありました。これを簡略化して、プログラム名だけを指定すれば起動するようにするための設定がPATHです。

Android端末をPCから色々するためにコマンドプロンプトで「adb」から始まるコマンドを見たことがあると思います。PATHを設定していないとadbってなんですか?ってエラーが帰ってきますが、PATHを設定していると「adb」って打つだけで、PCは「ああ、C:\Android-SDK\toolsにあるadbを起動すればいいのね」と認識してくれる、ということなのです。

では、実際にPATHの設定をします。

Windowsのスタートから、コンピュータ→システムのプロパティ→システムの詳細設定をクリックしましょう。

システムのプロパティというなのウィンドウが起動したら、詳細設定のタブを選択します。詳細設定タブの中の、「環境変数」ボタンを押してください。

次に環境変数ウィンドウ内の下側、システム環境変数の中から「変数名」が「Path」となっている物を探し、クリックした後、「編集」ボタン(もちろん下側)をクリックしてください。

※注意:変数値の欄を絶対に消さないでください。

変数値に書かれている項目はそのままにして、文字入力のカーソルを末尾(文字列の一番最後)に持って行きましょう(キーボードのEndボタンが便利)。そしたら、IMEの設定を半角英数にしてください。このとき、Android SDKが解凍したフォルダが「C:\Android-SDK\」にあるとき

;C:\Android-SDK\tools

と入力してください。ようは、半角のセミコロン(;)とAndroid SDKフォルダのあるアドレスを入力してください。

もし、Pathの変数値が「C:\Program Files\num1\」しかなかった場合には

C:\Program Files\num1\;C:\Android-SDK\tools

とするのが正解です。おわかりいただけたでしょうか?

ここまでやれば、後はPCを再起動するだけで、コマンドプロンプト上で色々操作することはできるようになるはずです。実際にAndroidプログラムをするための導入をされる方はお手数ですが、Android SDKの配布元にインストール方法(英語)が書かれておりますのでそちらをご覧ください。

  • トラックバック 停止中
  • コメント (3)
    • 神薙結城
    • 2010年 11月27日 1:11am

    既知でしたらすいません。編集した結果は 「path」と入力すると内容を確認できますね。

      • num1
      • 2010年 11月27日 1:57am

      コマンドプロンプトで、「path」と打つと確認できると言うことですよね。
      たしかに、きちんと設定出来ているかを確かめるためには便利ですね。

    • nam
    • 2010年 11月30日 2:36am

    記事と無関係ですが・・・
    GIGAZINEより
    「Xperia(SO-01B)」がマルチタッチ対応に加えてAndroid 2.2へアップデート決定
    http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20101129_xperia_multitouch_android22/

    ブラックベリーからの投稿だったりして眉唾だと言う話もありましたが・・・
    実際GIGAZINEも一回記事を削除してます。
    やる気まんまんらしいw
    しかし遅いよなぁ。ただ決定は前向きに受け取りたいね。
    カスタムが勝手にfroyo実装してやがるのがカチンと来たんだろうかw

コメント 停止中